スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経験なのだねー 

先日、初めて牧草地なる場所で追求の練習をしました。

芝生&背の低い雑草が茂っている広場と違って、遠目に見ると
緑の絨毯みたいな場所。
草丈が膝下位あって高さも均一な所だと自分が踏んだ後の草が
倒れていて、ちゃーんとつけた足跡が分るのね。
牧草地の隣のグランド(丈は短いけれど、細い草)で追求した
先輩の印跡もうっすらと道があるのが見て分るじゃないの。

おぉぉ・・!ヒデキ感激!
私、おデコに第三の目が出現した気分で浮かれましたわよー。
もとい「条件が良い場所」ってこうゆうのを言うんだと知り
ました。


そんな場所なもんで「よっし!今日は張り切るわよーん♪」と
うきうきして印跡して、車からラビ子を連れて来て、作業前
の手順を踏んで「ズーフ」で追求しはじめたら。。
嗅ぎ始めるも、ソワソワ作業に集中しないし態度も浮ついてて
すぐに他の匂いに気が行ったり、草食べたり。。
それを注意されて一旦はマジメになり、迷ったりしながらでも
ルートを探しだして復帰するも、すぐ他に気を取られてまた
チェックされて、もうどうしていいか分らん状態で自信なくし
てる。
「どうしよう?」な風に鼻を上げるので下を指示して「ズーフ」
ひたすらこれを繰り返しながら進み、物品前で伏せて2本終了。

本日のラビちゃん、かなりメタクソ(^_^;)
自信なくしてるので、最後に先生が印跡してくれた超らくちん
コースをるんるん辿って、私と先生にメタ褒めされて少し気を
良くした所で本日の追求終了。


この日のラビ子のアタマの中は「こーんな素敵な場所じゃあまず
遊ぶのよねー♪」になってました。
まぁねぇ。。人からすれば、追求するのにすごく条件の良い場所
だから今日は楽しみですねー。であっても、犬にとっちゃ
「素敵な場所じゃー遊ぶでしょ!フツー」なわけだ(笑)
ふっふっふ。人の思惑と犬の思惑にズレはつきものなのだね。

いつもと条件が全く違う所でも彼女の中で「この場所でも作業
するのよね」って回路を育ててなきゃ、作業前の手順を踏んでも
いざ切り替え!って出来ないのは仕方がない。
最初に短い直線でやらせて意識付けさせればよかったなー。

でもこれも良い経験かな。
こんなのも経験してみないと分らないもんね。


普段の練習でも感じるのだけど。。追求って場所の条件が良すぎ
ても難しいみたい。
雨が降った翌朝(風も弱め)なんかだと、人出が少なくて地面が
踏み荒らされてはいないという点では、トラッキングする条件は良
いのだけれど、湿気と温度で地面にあるあらゆるものの匂い
(地中に染み込んでて立ち上昇る匂い、虫や鳥のフンとか色々)が
普段より格段に漂ってたら、嗅ぎ好きにはたまらん「素敵な匂い
バイキング状態」にあっちこっちに気を取られたり、気持ちが浮き
立って作業が雑になるのだよー。
要は指定された匂いを辿ることが誘惑匂に負けて優先順位の上位に
ないワケで。。これもまだ、お遊びタイムと、やる時ゃやるの気持ちの
切り替えを教えられていないってことだーね。

何でもそうだけど、追求も経験を積む事が大切な作業だと思う。。
力みすぎず、経験を積ませて伸ばしてあげたいですだ。



服従はボチボチ。。だけど正直自分の持つ指針がまだ分らない。
防衛は準備段階で「吠えろ」を教えはじめた所。
今もっているものとのバランスが大切なので教え焦りはしない。


スポンサーサイト

練習のめも 

少し前の話だけど、夕方の公園の人があまり来ない場所で追求
した後で、一人でコースを辿り直ししていたらば。。


お巡りさんに職務質問されました。
「何かお探しですかー?」
じゃなくって
「すいませーん、ご職業をお聞かせ願いますか?」だって。

んもー!(^_^;;)
この、アンパンマンみたいな人の良さそうなカオみて分らんかのー?
(犬が側にいなけりゃ、怪しいおばさんらしい。。)



そんな事があったからって訳じゃないけど、最近朝に追求の練習し
に公園へ行く時がある。
よく練習している公園は、閉門すると人の立ち入りがほとんど出来
ない立地なので、開門時間に行って練習する方が夕方よりも条件
が良いなと思って。。



印跡。
ベイトは30歩にひとつ。これで大体の歩数もカウント。
この前の練習で物品を入れ始めたので、辿る道すじが分らなくなる
事で自信を損なわせる事や、あやふやに辿って物品だけ示せれば
いいと言った様な誤った作業内容&態度を教えてしまわない様に
コースの把握は更に重要。
なので、先週の練習ではシンプルに直線からはじめてみた。
それでも直線を辿るだけでは、コースや風向きなどの状況変化に
対応出来なくなるので、曲がりも入れていく。
落ちている物を目印にするだけじゃなく、自分で分る目印を時々足
で付けながら強く印跡。
今日はS字+直線の200歩強を2本。
終了後の辿り直しで不明瞭な点あり。くそーばかばか。


物品のアラートは「伏せて教える」にしているので、見付けても
口で触ったりくわえてはいけない。
でも私の匂いを付けた物品に反応すると、まず口をつけようとす
るので(最初に使ったのは割り箸。でも奴は木を齧るのが好きな
ので小さい木製品はNGでした)今の所使っている物品はペット
ボトルのフタ。洗濯バサミ。
どちらも普段口でくわえるなと教えてあるもの。
それでも口が出ようとするので、発見のタイミングを見逃さず
早すぎずで伏せるコマンド。
終了後、物品に対する伏せの印象づけも1回。
まだこの程度のコースで物品1個の内によく教えておきたい所。



朝動かすとなると、どうしても朝ゴハン前になるがゴハン前だと
作業が雑になると感じる。
空腹で探すと、嗅ぐ作業の丁寧さ、慎重に辿る注意力といった良い
集中が落ちて、探す足が早くなる。
フラットな状態で嗅ぎたい欲は満々だし、素の原動力でやった方が
素人目にも雑味が少ない印象。
元々「空腹で餌を探す」ことで作業が良くなるのを狙ってはいないし
大切に育てたい時期なので朝練は減らそうかな。。
それとも場所の条件を取るか。。考え中。



ジミーな自主練 

下らなーい日常ネタはあるものの、書く意欲がイマイチなので
更新滞ってますー。
ちまちまいくだす。



追求、先生に見てもらう時にはS字の印跡がメインになってきた。
歩数は多くて300歩程度。
するとねー、それまで分かっていながらやれていなかった自分の
課題に突つかれてんのよー。

「自分でつけた足跡がどこでどうなってるのかを把握しきっていない」

飼い主ったら大ダメ(^_^;)
これがマズイと、犬が迷ったり、他の匂いに気を取られた時などに
単純に注意をうながすのか、止めて自分の力で探させて復帰させる
のか、ヒントを与える場面なのか自分が迷う。
というか分からなくなる。
で、その不安は即座に犬にも伝わるんだわよー。

自分が把握出来てないものを犬に「さてどこでしょうー?探して」
と自信もって指示する事なぞ出来ないよね。
直線だけだった時からもっとそこも意識してりゃーよかった。。
曲がりが入ると、視線の先にある物を進行の目印にしてただけの
様にシンプルにはいかなくて、周りをぐるっと見つつ地面の状態
にもチェック。。が追い付いてない。
くやすぃ。
ついでに、S字にコースを作ろうとしても、曲がりを意識し過ぎて
毎度ブサイクなZ字コースになってるのも自覚してます。はい。
先生にも突っ込まれる前に申告しました。


なのでラビ子と追求した後、犬抜きでちまちま自主練。
追求後のコースを自分でスタート地点から辿り直して、印跡中に
目印として捉えた目標物なんかを「あーこうだったわよねぇ」とか
独り言いいながら再度確認してみたりします。
傍目にはお金落としたオバさんが血眼になって小銭を探してる様な
カンジに写るでしょうか。。
でも、嗅いで調べる事が犬一倍好きなラビ子と追求するのに足を
引っ張ってるのは自分なので、ラビ子に助けられてる今より成長
したいのなら、まず自分が印跡を把握することから。
地味ーに地面の凹みだとか、草の色とか、落ちてるものとかを目印
にしつつ、ベイトの代わりに小石置いて自分の印跡を辿ってるの
だけどー。。これに犬が加わるとまた、作業への取り組みとか犬を
視るのに気が回って分からないんだー。
・・・いつかこれが実になりますように。

改めて追求って超地味だと思う。
でも楽しいのー♪


はじめた理由 

ラビ子と追求作業をやり始めた理由のひとつは「匂い嗅ぎへの
欲求が大変つよいこと」とそれを私がいい具合に認めた上でコ
ントロールしてあげられてないから。

躾って必要な部分ではキッパリ厳しく、自分が主体であるのが
基本だけど、相手にも心があるので主張だとか言い分だとかの
「心・きもち」は受け止めたいと思っているのに。。
現実の私はラビ子の匂い嗅ぎの欲の強さに関して、節度をつけ
させて程よく制御させる事が上手いこと指導出来ていない上に
彼女の主張や要求(ワガママ、好き勝手とは違う)を受け止めて
あげていなかった。
出歩くと「先に嗅いでやれ」か「先に止めてやろう」と1人と
1頭でお互いを出し抜く事ばかりなギスギスした状態なのをどう
にも改善出来なくて「どうしてなんだろう」って思ってた。

マナーを重要視するのは個人的な価値観として外せないけれど
今思えばそれをちゃんとしようと固執するあまり、視野がとても
狭くなっていたし、マナートレーニングの先生が本来言わんと
していた内容の大切な部分を抜かしちゃっていた。。
傍目からも見苦しかったろうな~。


柔軟に方向転換しないと、厳しいな。
とは思うものの、心の中には様々~な思い込みや呪縛があって、
それがまた方向転換を実行するのによくジャマして下さるの..
本当は何がしたいのか?自分の声を否定せずに聞いてシンプルに
いけばいいんじゃない。
こんな当たり前な事に気づいてからは、ルールを提示した上で大
好きな事(匂い嗅ぎ)を認めてあげるものを習おうと決めました。
それが以前からとても興味があった足跡追求で、丁度タイミング
よく友人がお世話になっている先生を紹介して頂いて、悩み所を
話してみた後その先生の元に通って訓練を始めてみました。

今はまだ、犬人共に基本的な注意点や、作業を知ること、作業
での姿勢などといったものを覚えている段階ですが、ラビ子の
興味・やる気・楽しさが伝わってくるし、私も「匂い嗅ぎとは
不思議なものだなーと」思っていた興味を思い出して一緒に楽
しんでます。

得意なことをルールのあるやり方で認めてから、ギスギスした
嗅ぎたい欲が落ち着いて、お互いに穏やかな気持ちで歩いて
る瞬間が増えたのも嬉しいー(^^


犬を通して見えた課題って、全て自分の課題だったりする。
それも、自分でも気づいていない様な深ーい部分の。。
今回も、中々私が気が付かなくて、長い事右往左往していた間中、
ラビ子には超申し訳なかったけど、お陰でまた少し見えて来たよ。


IMGP6483.jpg
追求、一緒に楽しんでやってこーな。


シャチハタ的? 

この前先生に見てもらった時、印跡し終わって「さぁ♪」と
ラビ子の所に戻ったらば、お散歩ワンコがやって来て丁度踏んだ
所を歩いていかれたので、そこはやめにして先生が少し離れた
場所に新しく印跡してくださって追求開始したらば。。
なーんかいつもより調子がよろしい。。と言うより辿っている
匂いへの興味の強さなんかがラビ子を見てて伝わってくる。


この訳を先生&一緒に訓練している先輩達に尋ねてみると
・湿気がある薄い草地という条件の良さ
・他人臭という目新しさ
・先生と私の体重の違い(いつもより足跡に圧力が掛かって
 いて匂いが強く付けられている)


などの返答。

ふむふむ。。圧力=臭いの強弱つけか。
でもさー素足で地面に印跡するのなら、匂いを発する物体が直に
つける訳だから立つ時間を長くするとか、圧力を強くするとかで
匂いが強くつくのもピンとくるけど、どーも靴(しかも毎回同じ
じゃないし)だと「匂いを付けられた物質」で匂い付けをして
いくので、それから発されている匂いが一定以上に継続して付く
とか考えつかないのよ・・・人間の感覚じゃぁ。


ハンコで例えてみると
裸足ならいつでもお名前クッキリなシャチハタのハンコでペタ
ペタする様なもので
靴なら一回朱肉をつけたきりのハンコでペタペタしていく様な
違いなのかな?
とか考えたんだけど、どうも違うらしい。。
単純に人の足でつけた匂いだけを頼りに匂いを辿るんではなくて
足跡のにおい+踏まれた草や沈んだ地面のにおいなどの道に付
けられた複合的な匂いを辿るらしい。。
ふーん。。匂いって人が考えててるよりもっと質が変わり難くて
滲出的なものなのかもね。
もっとも人間の鼻じゃ見当もつかないのだけど。。
「もしや、先生の足裏から強力フェロモンが!」と即浮かぶ私は
単純おバカの様です。。



続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。