スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェパ飼いさん 

土曜はハニ子と広い公園で遊んでからアウトレットモールへ。
大好きなモンベルでアウトドア用品に見とれてから、お隣のカフェで
のんびり・・したかったけど、犬連れ席は激寒~いお外。。。
暖かいコーヒー買ってスタコラと退散。
綺麗なクリスマスイルミネーションに見とれながら、車に向かって歩
いていたら「待って下さぁぁい」と声がして、後ろから女の方が2人
走って来た。
アタシにゃ特に関係ないだろうなと歩いてたら「そこのっ!シェパ連
れた人ぉ!触らせて下さぁい!!」

思わず「・・えっ?いや~ん」とボケたくなる(^m^)

お2人とお話ししたら、その方のお家にも男子シェパがいらっしゃる
ので、ハニ子を見かけてお母さんと娘さんで追いかけて来たそうだ。
(ん~分かるわぁ!その気持ち・笑)
寒空の下しばしシェパ話で盛り上がり、ハニ子を「可愛い~!んも~っ
女の子って可愛いっっ!」と抱き締めて下さいました。
一般的に「コワオモテ」と言われる犬をですね「最高にラブリーよぉ!」
って、メロメロ顔されて言われると「おお同士!」な気分よね♪

日曜はお家の車を点検に出しに、海の近くのワーゲンショップに行ったら
そこでも、お客さんの一人が「家にもシェパとブルがいるんですよ~!」
と笑いながらハニ子と遊んでくれて嬉しゅうございました。

それにしてもシェパ飼いさんとお話すると、この犬種の魅力だけでなく
アレルギーや皮膚トラブルとお腹の弱さの話は必ず出てくる。
ある獣医さんは「シェパードは病気の巣窟」とまで言う・・
確かに股関節などの遺伝的な重大疾患も多い。この犬種の繁殖は訓練性能
中心に考えられて、体質や病気の事は後回しにされ続けてきたんだろうか?
健康で痛みや苦しみがなく暮らせる事って、一般家庭で人にも犬にも一番
に望む事なんだけどなぁ・・。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。