スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イポじゃないのよ。。。 

昨日はJKC主催のFCI-IPO競技会を観戦しに、大凧まで出掛
けていました。
勉強会でドイツジーガーのビデオを観てから、ずっとSchH
競技を観たいと思ってたけど、アフォな私はその競技がどこ
の管轄下にあるか分からず、予定も知らないでいたのよぅ(涙)
世界大会予選初日の服従と追跡は都合で行けなかったけど、
2日目の防衛は観戦出来ました。

「防衛訓練」はよくテレビで見るシェパードが襲撃(だけ)
するシーンから、凶暴で怖い!と誤解されそうだけど
実際は、ヘルパー(犯人役)をサーチするパトロール。
ヘルパーを発見して、そこから動かさない禁足咆哮。
ヘルパーが逃走したら襲撃し、ハンドラーの声符で即
辞め、後方・側面からのヘルパーの護送。
これら全てをハンドラーの出す指示に従って犬は作業する。
厳密なルールと、綿密な加算&減点ポイントがある大変
ハイレベルな競技なので、テレビの演出の影響で誤解さ
れてしまうのはとても勿体ないな。。
IMGP0194.jpg
禁足咆哮

競技中の犬達は、とても活き活きしていてハンドラーと一体
になって作業する意欲に溢れている。 日頃の訓練が彼らの
仕事であり、楽しみである様に育まれているのを表している
ようです。 ヘルパーに(恐い顔で・笑)向かって来られて
も怯まない肝の太さは「叩かれて植え付けられる恐怖」だけ
で培われるものではないものね。。

遠距離からの襲撃で勢いの強さ、噛みの深さに会場が湧く。
競技するマリノアも初めて見たけれど、身体能力の高さは
素人目にも驚嘆! シェパと比べて観られる機会なんぞ
なかったからとにかく「凄い!」の一言に尽きました。。
そうそう、歌シェパのマックスばりに、ウルロロ~♪と
言いながら作業してる子もいた(^^;)

正確に作業する反面、彼らの葛藤が垣間みられる事もある。
襲撃の後「辞め」の声符に従うも「もうちょっと。。」って
袖に口をつけていたい時や、早く作業したくてウズウズする
あまり、停座中のお尻がちゃんと着かずに浮いてる様子に、
「あぁ!今は我慢よっ!!」と拳を握りながら心で声援を
送ってしまう。
じーーっと観てると1区切りごとに、緊張のため息が出る様な
競技なのに、終わって審査待ちしてる時は応援席と和気合い々
で「イェ~イ☆」なんて写真撮ってる様子も良いですね(^-^)

現地で会った友人達やその先生に観戦ポイントや分からな
い所も色々教えてもらっちゃって今日はラッキーだった♪

一緒に連れて行ったハニさんは、お昼休みなどに会場の外で
時々遊んだ以外はほとんど車中でお留守番。
子供達も最初外に出てたけど、後は車内で本読んだりゲーム
して遊んでました(鬼が居ない間にゲームし放題か?)
そうそう、競技の看板を見たがきんちょ一号が言った言葉

「あれ何て書いてあるの?イポ??」

。。イポぢゃねーってば(失笑)

お家に帰ってフロに浸かるブリ。
IMGP0210.jpg
あぁやっぱりあなたは家の癒し系No1♪
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。