スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修復に掛かる時間 

私事の独り言。

生きてると、何かしらの理由で長期間に渡って辛く
感じる時をやりすごさなきゃいけない事もある。
理不尽さに、やるせなく思う時もある。

で、それをどうにかパスした後 ある時、突然溢れ出
した様にその苦しかった物事と向かい合う時が来る。
そんな時、汚い自分であっても誤魔化さずに、真正面から
ぶつかると色んな事が見えて来るが、一度じゃ頭にも胸中
にもしっくり来るには足りずに、なかなか時間が掛かる。。。

自分の経験だと、問題のその期間が数年なら、同じ位の
時間を掛けて修復されている様に感じる。
人の心って複雑で、思わぬ所から答えが見付かる事もある。。

動物はどうなんだろう? その一瞬を生きる事の出来る
純粋な存在だとは思うんだけど、辛い目にあった事の
ある犬は人間みたく長い修復期間が掛かるのかな。。

ハニさんはどうなんだろう?って たまに思う。
私は彼女の過去について、酷い状態で放置され、棄て
られた時までの2年位しか分らない。

当初のハニさんはそりゃ不安定だったけど、人間に比
べて遥かに早くルンルン犬に立ち治ってくれちゃった。

でもね、ひょっとして歳とって、ボケが出始めた時な
んかに、昔あった辛い時間を思い出して混乱する様な
事だってあるかもしんない。
。。。なんてたまに考えるの。 

老婆心っぽいですね。(笑)
彼女の生きるあと数年が、出来るだけ身体も心も健や
かであるように、心掛けるつもりだけど。。

それでもハニさんなら、何でも受け入れますわ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。