スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍋底。。 

日曜日は御用があって、私と居候ちゃんだけでちょっと遠くまで
お出掛けしてたので、ブリ、ハニ、ラビィは、くまと子供とお家
でお留守番でした。

で、家に帰ったのは夜9時近く。「毎度申し訳ないなぁ。。」と
お家に帰ったら、優しいくまは、こんな私を見捨てずに晩ご飯に
ハッシュドビーフを作っててくれいた(涙)
んも~大変ありがたく頂きますた。

今日はその残り少なくなったルゥを、鍋から器に移したら。。
ハッシュドビーフ作った鍋の底が真っ黒。。
焦げたんではなくて、恐らく最初に玉葱を炒める時に「飴色玉葱」
を作ろうとしたんだろうな(笑)

そうかそうか。。
こうゆう地味だけど玄人っぽい所に凝りたがるんだっけ。
カレーは数時間煮込みたがるんだったよな。

私はこんな面倒くさい丹誠込めた事はまずやらないな。。

細かい所にミョーに凝りたがるのは、やはり「男の料理」って
やつだからなんでしょうか。。
兎に角時間短縮で料理作って「食えりゃ良い」なんて言う私とは
全く逆なのだった(^^;)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。