スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶり様記念日 

8日4日は、ブリが家に来た記念日。
手のひらに収まる大きさで、黄色くてポヤポヤの雛だった
ブリも今年で6歳になる。早いな~。

小さなブリを迎える前に、色んなアヒ飼いの方の生活ぶり
を拝見したり、質問させてもらってたんだけど。。
アヒ飼いの先輩達が語る”座敷アヒルと暮らす上での確言”
みたいなもので皆口を揃えて言っていたのは


アヒルとの暮らしは、うんことの戦いだ!


これは、正にその通り(笑)
うんこの回数はハンパじゃなく多い(鳥のなので水うんこ。)
発射音は「ばひょっっ!」ってマンガみたいな音がする(笑)
この「うんこ波動砲」にはもう笑いを通り越して、愛しくなり
ます。ほんと。(馬鹿)
そんな生き物に毎日「超可愛い~」とスリスリし続けて早
6年経つのか~・・・
あの頃小学校の1・2年生だった子供らは揃って中学生に
なったし、ハニ子とラビ子って家族も増えたけどその間を
ずっと見ててくれてたよね。
警戒心も群れ意識も強いから、いつも威張り散らしてた。。
とも言うけど。。(^_^;)


AUT_1110.jpg
ヒナヒナしてるブリ。手のひらサイズ。

AUT_1301.jpg
数日後には手からはみ出るサイズ。

AUT_1555.jpg
一ヶ月半後。腕からはみ出るサイズ。
羽も殆ど白いのに生え替わり。。

AUT_1640.jpg
秋には立派な抱っこアヒルになりました。


IMGP0983.jpg
生後6ヶ月過ぎには卵も産む様になって、産み始めてから
一年は毎日産んでくれた。
この写真の頃はもう卵を産まない身体になっているけれど
こんな格好で産みます。



ブリを迎えたとき、アヒルを飼うに当たってとても参考に
していた先輩アヒル飼いの方のアヒ達が6歳だった。
ペットアヒルの寿命で6~8歳っていうのは割と長寿な方。
10歳かそれ以上になるのは稀だったりする。

アヒルは野生の鴨から家禽へと改良を重ねて来た結果、
身体のバランスがとても悪くて(身体が重いのに対して足
は華奢すぎ)小さな故障でもすぐ命取りに繋がる場合が
多い。
産卵数が多い為、雌は若くして産卵器官を壊す子も多い
それが原因で命を落とす子も少なくない。。
だからブリにとって6歳を元気で迎えるのは、何となく目標
みたいになっていた。
途中大病もしたけれど、元気で6歳の誕生日を迎えられた
のはすんごく嬉しい♪

元気っぷり&威張りっぷりは今日も絶好調!
この根性だと言わずとも長生きしてくれそうだけど、どうか
長生きしてちょうだいね☆


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。