スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャチハタ的? 

この前先生に見てもらった時、印跡し終わって「さぁ♪」と
ラビ子の所に戻ったらば、お散歩ワンコがやって来て丁度踏んだ
所を歩いていかれたので、そこはやめにして先生が少し離れた
場所に新しく印跡してくださって追求開始したらば。。
なーんかいつもより調子がよろしい。。と言うより辿っている
匂いへの興味の強さなんかがラビ子を見てて伝わってくる。


この訳を先生&一緒に訓練している先輩達に尋ねてみると
・湿気がある薄い草地という条件の良さ
・他人臭という目新しさ
・先生と私の体重の違い(いつもより足跡に圧力が掛かって
 いて匂いが強く付けられている)


などの返答。

ふむふむ。。圧力=臭いの強弱つけか。
でもさー素足で地面に印跡するのなら、匂いを発する物体が直に
つける訳だから立つ時間を長くするとか、圧力を強くするとかで
匂いが強くつくのもピンとくるけど、どーも靴(しかも毎回同じ
じゃないし)だと「匂いを付けられた物質」で匂い付けをして
いくので、それから発されている匂いが一定以上に継続して付く
とか考えつかないのよ・・・人間の感覚じゃぁ。


ハンコで例えてみると
裸足ならいつでもお名前クッキリなシャチハタのハンコでペタ
ペタする様なもので
靴なら一回朱肉をつけたきりのハンコでペタペタしていく様な
違いなのかな?
とか考えたんだけど、どうも違うらしい。。
単純に人の足でつけた匂いだけを頼りに匂いを辿るんではなくて
足跡のにおい+踏まれた草や沈んだ地面のにおいなどの道に付
けられた複合的な匂いを辿るらしい。。
ふーん。。匂いって人が考えててるよりもっと質が変わり難くて
滲出的なものなのかもね。
もっとも人間の鼻じゃ見当もつかないのだけど。。
「もしや、先生の足裏から強力フェロモンが!」と即浮かぶ私は
単純おバカの様です。。



続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。