スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジミーな自主練 

下らなーい日常ネタはあるものの、書く意欲がイマイチなので
更新滞ってますー。
ちまちまいくだす。



追求、先生に見てもらう時にはS字の印跡がメインになってきた。
歩数は多くて300歩程度。
するとねー、それまで分かっていながらやれていなかった自分の
課題に突つかれてんのよー。

「自分でつけた足跡がどこでどうなってるのかを把握しきっていない」

飼い主ったら大ダメ(^_^;)
これがマズイと、犬が迷ったり、他の匂いに気を取られた時などに
単純に注意をうながすのか、止めて自分の力で探させて復帰させる
のか、ヒントを与える場面なのか自分が迷う。
というか分からなくなる。
で、その不安は即座に犬にも伝わるんだわよー。

自分が把握出来てないものを犬に「さてどこでしょうー?探して」
と自信もって指示する事なぞ出来ないよね。
直線だけだった時からもっとそこも意識してりゃーよかった。。
曲がりが入ると、視線の先にある物を進行の目印にしてただけの
様にシンプルにはいかなくて、周りをぐるっと見つつ地面の状態
にもチェック。。が追い付いてない。
くやすぃ。
ついでに、S字にコースを作ろうとしても、曲がりを意識し過ぎて
毎度ブサイクなZ字コースになってるのも自覚してます。はい。
先生にも突っ込まれる前に申告しました。


なのでラビ子と追求した後、犬抜きでちまちま自主練。
追求後のコースを自分でスタート地点から辿り直して、印跡中に
目印として捉えた目標物なんかを「あーこうだったわよねぇ」とか
独り言いいながら再度確認してみたりします。
傍目にはお金落としたオバさんが血眼になって小銭を探してる様な
カンジに写るでしょうか。。
でも、嗅いで調べる事が犬一倍好きなラビ子と追求するのに足を
引っ張ってるのは自分なので、ラビ子に助けられてる今より成長
したいのなら、まず自分が印跡を把握することから。
地味ーに地面の凹みだとか、草の色とか、落ちてるものとかを目印
にしつつ、ベイトの代わりに小石置いて自分の印跡を辿ってるの
だけどー。。これに犬が加わるとまた、作業への取り組みとか犬を
視るのに気が回って分からないんだー。
・・・いつかこれが実になりますように。

改めて追求って超地味だと思う。
でも楽しいのー♪


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。