スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うみたい気分。。 


・・・自分の事じゃありませんだよ。
私はもう打ち止めです(笑)

今日のブリは、どうやら「卵を産みたい気分」らしい。
プールでいくらも遊んでなくても、水が綺麗でも「部屋に入るぅ!」
とアピール(喚く)してお家に入ると、お気に入りの場所
(狭い巣穴みたいな場所です)
に入って、もぞもぞ回って落ちつかなかったり。。

座りながら足で床面を蹴って、踏ん張りをきかせてたり。。

産卵したい時特有の「ゴッゴゴゴゴゴッゴゴゴゴゴゴゴ」って
鳴き方をして一人の世界に入ってる。


そのブリは2年前に産卵器官の病気になって除去手術を受けて
いるから、現在は産卵も目立つ発情もないんだけどね。
でも脳からの指令がビビビとキテる時は、やっぱり「産みそう
な時」とおなじ行動をする。

産卵器官が身体にあろうとなかろうと、脳から出された指令に
従って同じ行動をする辺りに「健気なのねぇ」とか「身体って
脳やホルモンの指令で行動してるんだな」って感じます。。

*(アヒルの雌は、採卵や採肉の為に品種改良を重ねられて来
た為に野生の鳥程発情期が明確ではありませんが)


もうじき。。あと数ヶ月でラビィもヒートが来る。
ラビィは繁殖する訳じゃないから、不妊手術はする予定だけど
ホルモンが成長にもたらすバランス等を考えて、性成熟が整う
まで不妊手術は待つつもりです。

ホルモンの作用ってアレルギーと似た様な所があってほんの
僅かな変動でも身体や精神への影響力が大きくて、その幅
も広い。
そして抗えない。ホルモンの影響ってほんとすごいです。。
抗えないからこそ、早期に施術するというのも勿論アリだとは
考えているんだけどね。。




スポンサーサイト

コメント

お陰さまでやっと車選びを終えてネット生活に戻れました^^;

初ヒート前に避妊すると乳腺腫瘍の罹患率が少なくなるのはメリットだけど、逆にホルモン性の疾患が増えたんじゃね。
特にシェパは皮膚疾患が多いし。。
琴も1歳過ぎてから避妊したよん。

*ケイさん
そうなんだよね。早期の施術が病気に有効なのは聞くけれど
その反対はあまり聞く事が少ない。。と言うよりも調子の悪さが
ホルモン由来のものだと気が付かない事が多いそうです。。
早期にしろ、2歳になってからでも飼い主さんが正しいと思った
判断が活かされる様なケアをしていけたら良いですよね~(^^

で。。祝!もうすぐ←(笑)納車。
なんかやっっぱケイさんには、ファミリーカーよりもう少し
プラスアルファがある車が似合うから、格好良い4駆はいいじゃない!
早く見たいわぁ~♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。