スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめた理由 

ラビ子と追求作業をやり始めた理由のひとつは「匂い嗅ぎへの
欲求が大変つよいこと」とそれを私がいい具合に認めた上でコ
ントロールしてあげられてないから。

躾って必要な部分ではキッパリ厳しく、自分が主体であるのが
基本だけど、相手にも心があるので主張だとか言い分だとかの
「心・きもち」は受け止めたいと思っているのに。。
現実の私はラビ子の匂い嗅ぎの欲の強さに関して、節度をつけ
させて程よく制御させる事が上手いこと指導出来ていない上に
彼女の主張や要求(ワガママ、好き勝手とは違う)を受け止めて
あげていなかった。
出歩くと「先に嗅いでやれ」か「先に止めてやろう」と1人と
1頭でお互いを出し抜く事ばかりなギスギスした状態なのをどう
にも改善出来なくて「どうしてなんだろう」って思ってた。

マナーを重要視するのは個人的な価値観として外せないけれど
今思えばそれをちゃんとしようと固執するあまり、視野がとても
狭くなっていたし、マナートレーニングの先生が本来言わんと
していた内容の大切な部分を抜かしちゃっていた。。
傍目からも見苦しかったろうな~。


柔軟に方向転換しないと、厳しいな。
とは思うものの、心の中には様々~な思い込みや呪縛があって、
それがまた方向転換を実行するのによくジャマして下さるの..
本当は何がしたいのか?自分の声を否定せずに聞いてシンプルに
いけばいいんじゃない。
こんな当たり前な事に気づいてからは、ルールを提示した上で大
好きな事(匂い嗅ぎ)を認めてあげるものを習おうと決めました。
それが以前からとても興味があった足跡追求で、丁度タイミング
よく友人がお世話になっている先生を紹介して頂いて、悩み所を
話してみた後その先生の元に通って訓練を始めてみました。

今はまだ、犬人共に基本的な注意点や、作業を知ること、作業
での姿勢などといったものを覚えている段階ですが、ラビ子の
興味・やる気・楽しさが伝わってくるし、私も「匂い嗅ぎとは
不思議なものだなーと」思っていた興味を思い出して一緒に楽
しんでます。

得意なことをルールのあるやり方で認めてから、ギスギスした
嗅ぎたい欲が落ち着いて、お互いに穏やかな気持ちで歩いて
る瞬間が増えたのも嬉しいー(^^


犬を通して見えた課題って、全て自分の課題だったりする。
それも、自分でも気づいていない様な深ーい部分の。。
今回も、中々私が気が付かなくて、長い事右往左往していた間中、
ラビ子には超申し訳なかったけど、お陰でまた少し見えて来たよ。


IMGP6483.jpg
追求、一緒に楽しんでやってこーな。


スポンサーサイト

コメント

フムフム(鼻息)

実は私、たまに「なんのために訓練習ってるのかなー」って自分でわからなくなる時があるデスよ。
心のどこかに「競技会アレルギー」があるせいか、真剣勝負チックな競技会からはつい目をそらしてしまうし(汗)。
で、それを言い訳に、どうしても訓練をキッチリやりきれない自分の癖もあるし(大汗)。

でも、一つだけ思っているのは、訓練=コミュニケーションだよねってことです。
自分で独自に犬とのコミュニケーション・ツールを開発するのは不得意なので、他人の作ったルールに乗ってお互いに試行錯誤しながらめざすカタチを作る過程がコミュニケーションになると思うんだよね。
もちろんなかなか文章に書くような理想どおりにはいかないけどさー(爆)

ラビ子、お互い楽しくがんばろーね。時には飼い主とケンカしながら。。とうちのラナ子も申しております。多分(^^;

*naocoさん
>訓練=コミュニケーションだよねってことです。

私もそう思います。
競技も遊びも基本はコミュニケーションの手段なんだから、取り組み方や
探求度・のめり込み度も各々で違うのと同様に、競技会に出すのも自由な
ハズなんだけど、どーも周りの空気に「出さないのー?」みたいな圧力が
あって、前は結構ウザったかったから分かるわー(笑)
ツールなんだし、基本があれば「審査」に拘るだけじゃない楽しみ方
には自由度があって良いけどなぁ。。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。